Rena Style
ホテル&スパ情報
大切な記念日やお仕事の出張
あなたの選択のひとつに…
NEWS

JALが設立したLCC『ZIPAIR Tokyo』で海外旅行がもっと身近になる。

3/8に発表された日本航空の国際戦中距離LCCエアライン『ZIPAIR(ジップエアー)』が誕生しました。LCC(ローコストキャリア)は、私たちにも馴染のある言葉となってきていましたが、ここでJAL(日本航空)から誕生するとは驚きです!!

国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』

ZIPAIR

『ZIPAIR』の名称は、英語で、矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語『ZIP』から生まれた造語であり「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現しているそうです。

また、“ZIP CODE”(郵便番号)が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」という思いを込めているそう。

 

「太平洋を飛ぶ最初のLCCになりたい」

会見の中でZIPAIR Tokyoの西田真吾代表取締役社長は「太平洋を飛ぶ最初のLCCになりたい」と語ったそうだ。

まずはアジアでのフライトを経験した後、北米やヨーロッパへの渡航も視野に入れている。

2020年に向けて申請したのは以下のフライト
・2020年サマースケジュール
東京(成田)=バンコク(スワンナプーム)

・2020年サマースケジュール
東京(成田)=ソウル(仁川)

 

ちなみに、使用する機材は国内LCCでは初めてとなる、ボーイング787-8型機で2機からのスタート。今のLCCのような、狭く、ちょっと圧迫感のあるサイズではなく、ボーイング787の機種の特性を活かした座席になりそうです!!(これからの発表が楽しみです♪)

世界がもっと身近になっていく!

LCCの発表はとても嬉しいものです。
旅行代金が高くて年に1度、数年に1度だった方にも海外旅行のきっかけになりますし。まだ行ったことのない土地に飛んでいくことができれば、新たな世界を見ることもできるでしょう。

 

アジア圏だけでなく、ヨーロッパ、そして北米。
行ってみたかった憧れの地にひとっとびできそうですね!

 

LCCと言えば、料金が安いということで『席が狭い』『各種サービスの簡略化』が行われていますが、今回の『ZIPAIR』がどのような展開をしていくのか、機内のデザインも含めとても楽しみになります。

 

また続報をお届けいたしますね。

 

ファーストフライとのひとつになる、バンコク旅をご紹介。

https://renarena-z.com/travel/thai-jyoshitabi

 

ZIP AIRの社員募集情報について

運航乗務員の応募は締め切られたそうですが、客室乗務員業務を中心に、空港旅客サービス業務やサービス企画業務など、幅広いフィールドで活躍いただくチャレンジ精神溢れる社員を募集されるそうです!!

申し込み締め切り:2019年3月13日(水)15時(日本時間)

4月より社員を募集する予定です。従来のような職種別の募集ではなく、客室乗務員業務を中心としつつ、空港旅客サービス業務やサービス企画業務など、幅広いフィールドで活躍いただくチャレンジ精神溢れる社員を募集します。4月中旬に採用説明会を開催しますので、参加を希望される方は、以下Webサイトよりお申し込みください。

4.Webサイトの開設について
本日、ZIPAIR TokyoのWebサイトを開設します。(3月8日17時オープン予定)
ZIPAIR Tokyo Webサイト URL : http://www.zipairtokyo.com/ja/job/

ABOUT ME
竹村玲奈
竹村玲奈
SNSアドバイザー/ブロガー ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、ウェブ解析士として、マーケティングやプロモーションのお手伝いをしています。世界のホテル&ホテルスパに滞在しながらコラムを書くことが目標。