Gourmet

誰もが、何それ?と言っちゃう。土佐の珍味、のれそれを頂くの巻。

初めてのものに出会った瞬間というのは、
ずっと記憶に残るものです。
今日の出逢いも、一生忘れることはないでしょう…

今日は春の訪れを教えてくれる「のれそれ」をご紹介します!

思わず聞き返してしまう名前「のれそれ」

お兄さん「今年の初物です!、のれそれ、食べられてください!」
「え?何それ?」
お兄さんのれそれです!」
「のれ…それ…??」


そうして頂いたのが、こちらになります。
「すごい…綺麗ですね…」
一見、くずきりのような… 半透明の…

 

さて、「のれそれ」とは一体何でしょうか?
シンキングターーーーーイム!!!!



答えはこちら…
(読んだら、戻って来てくださいね〜♪)

大きさってどれくらい…?


イメージとしては、iPhone6sの画面くらいです!
イメージしやすいですよね♡

 

神様がiPhoneケースに乗せた瞬間の衝撃!(笑)

 

『え??乗せちゃうんですか?』
神様『ほら!よく見えるでしょう?』
『本当だ!すごい!よく見えます…』


顔も良く見えますし、
何よりも美しかったのは、脊椎が見えること。
葉状身体の模様が見えるということ。

 

iPhoneの新しい使い方が証明された瞬間でした…!
もちろん、画面の上ののれそれも頂きました。
(神様が食べてくださいました!)

 

生物の神秘ですよね。
本当に美しいのです。

気になるお味は…?

三杯酢がかけられて出て来たと思うのですが。
これが、さっぱりしていて美味しいのです。

 

そして、のれそれは…
にゅるーん。と、口の中に入れた後、
噛んでいくと、心無しかネバネバしているというか。

 

プチプチとした食感もありながら、
にゅるにゅるして、美味しいのです!!

 

わたくし、また新しい世界を知ってしまいました…

旬を味わうということ。

先ほどの記事にも書いたように、
のれそれの旬というのが、実際は、2月中旬から5月。
ですが、お店の方の感覚では、この半月〜1ヶ月くらいの時期に
多く食べられるものだそうです!

のれそれを食べる時期になると、春の訪れを感じるそうです。

昨夜は他にも、酢牡蠣(いろは島)や、あん肝ポン酢も頂きました。

 

旬の食材を楽しむことの幸せ。
ただ食べるという行為をするのか、
“旬”を味わいながら食べるのでは、
1年の過ごし方も変わって来ますよね。

 

春がもうするそこまで来ています。
味わいながら、体験しながら、
たくさんの引き出しを作っていきたい思っています!

 

これからもこちらのブログでお届けしていきます。
それでは…

 

のれそれ! Amazon&楽天にありましたー!!

お酒のおつまみにぴったりの「のれそれ」
もちろんお店で新鮮なままに食べるのが一番ですが…

ネット通販でも買えそうです。便利な世の中ですね…しみじみ。

気になる方はのぞいて見てくださいね♡

 

あなごの稚魚! のれそれとは?名前の由来、食べ方は? 春を味わう海鮮珍味の魅力。「伸るか反るか」の語源にもなっている、春を訪れを告げる稚魚をご存知でしょうか? とても美味しく、好まれているけど、ちょっぴり見た目が面...
ABOUT ME
竹村玲奈
竹村玲奈
SNSアドバイザー/ブロガー ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、ウェブ解析士として、マーケティングやプロモーションのお手伝いをしています。世界のホテル&ホテルスパに滞在しながらコラムを書くことが目標。