GOURMET

あなごの稚魚! のれそれとは?名前の由来、食べ方は? 春を味わう海鮮珍味の魅力。

「伸るか反るか」の語源にもなっている、春を訪れを告げる稚魚をご存知でしょうか?
とても美味しく、好まれているけど、ちょっぴり見た目が面白いお魚をご紹介します。

稚魚ということは…?
大人になったら何になるの?
と、想像すると面白いかもしれません!

のれそれとは?

土佐の人は、のれそれが食卓を飾るようになると春の訪れを感じるそうです。
立春の後、2月半ばから市場に出回る、海鮮珍味です。

 

しかもこの珍味…
大人になったらあの「穴子」になるというのだから、びっくり!!

のれそれの旬の時期

ネットでは2月半ば〜5月と書かれていましたが、
お店の方の感覚では、もっと短い期間でしか頂けないそうです。

 

最近では、ネット通販もありますので秋頃まで購入できるようです。
四国地方からの発送となります!

のれそれの産地について

主に、愛知県や茨城県沿岸で、鮮魚で出荷されます。
(博多でもお寿司屋さんなどでいただけるのはとても短い期間です!)

高知県でも食べられるということは、太平洋側沿岸を泳いでいるのでは…?

呼び名について

マアナゴの幼魚を高知県では「のれそれ」と呼びます。
関西、岡山では「べらた」と呼びます。
兵庫県淡路島では「洟垂れ(はなたれ)」と呼ばれています。

見た目。


マアナゴのようなウナギの仲間(ウナギ、ウツボ、ハモなど)の幼魚は、
薄い柳の葉のような形をしていて、葉形仔魚のことをレプトケパルス。と呼ぶそうです。

のれそれの語源…

諸説ありますが。
もともと高知県で水揚げされる地引き網の中で
「ドロメ(イワシの稚魚)」つまり生しらすと一緒に水揚げされるそうです。

その魚の上で、乗ったり、逸れたり、していく様子から、
「のれそれ」と呼ばれるようになったそうです。

食べ方

生のまま、三杯酢などをかけて頂きます。
さっぱりしていて、とても美味しいのです。

 

最近ではふるさと納税のひとつとしても出ているようです!
美味しいものが食べられるって幸せです。

 

関連記事はこちら♡

誰もが、何それ?と言っちゃう。土佐の珍味、のれそれを頂くの巻。初めてのものに出会った瞬間というのは、 ずっと記憶に残るものです。 今日の出逢いも、一生忘れることはないでしょう… 思わず...
ABOUT ME
竹村玲奈
竹村玲奈
SNSアドバイザー/ブロガー ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、ウェブ解析士として、マーケティングやプロモーションのお手伝いをしています。世界のホテル&ホテルスパに滞在しながらコラムを書くことが目標。