Rena Style
ホテル&スパ情報
大切な記念日やお仕事の出張
あなたの選択のひとつに…
タイ

クルンシィ・アユタヤ駅伝 アユタヤ歴史公園をぐるっと1周 ルートと見どころをご紹介!

クルンシィアユタヤ駅伝 地図

クルンシィ・アユタヤ駅伝まであと2週間となりました!
今年で2回目となる駅伝、わたしも初めての参加になります。

 

ある方が、クルンシィ・アユタヤ駅伝で走るルートをぐるっとGoogleアースで教えてくださったんです!その映像を見てビックリ。
「え!こんな素敵なところを走るのー!!」
と、興奮しちゃうくらい、素晴らしい遺跡の中を走ることがわかりました。

 

というわけで…
今日は、走る前に予習もかねて!
アユタヤ歴史公園の遺跡をお伝えしていきます。

クルンシィ・アユタヤ駅伝の「クルンシィ」ってどういう意味?

今回のタイトルスポンサーである、
「アユタヤ銀行」の正式名称が
「タナカーン クルンシー アユッタヤー」

タナカーン 銀行
クルン 都
シー 偉大な
アユタヤ アユタヤ

この真ん中のクルンシーがタイトルについているようです!
なるほど!

ちなみに、このアユタヤ銀行は、
2013年から三菱東京UFJ銀行の連結子会社となっているそうです!!なるほど!

 

クルンシィ・アユタヤ駅伝の走るルートは?

クルンシィ・アユタヤ駅伝では
1チーム4名構成で、3.4kmのルート×4周します!

▼こちらがルートになります♪クルンシィアユタヤ駅伝

それでは、一緒に遺跡巡りをしていきましょう。

タイ語でWatとはどういう意味?

これからご紹介する、アユタヤ歴史公園周辺にある世界遺産ですが、
「Wat(ワット)」とという単語が、名称の前についています。

ワットは遺跡?を表すのかな〜と思ったのですが、そうなのではなく…

通常「ワット・○○」という形で、固有名詞の上に冠して用い、それが寺院であることを示す、あるいは、「ワット」単独で寺院一般を意味する。(wikipediaより

ということで、寺院を表すそうです。
特に寺院に関しては、住職が一人は必ずいることを条件としているそうです。

1、Wat Phra Ram(ワット・プララーム)

ワットプララームタイ国政府観光庁日本事務局HPより

まずはスタート地点を走り始めて500m地点手前の右手にあるのが、ワットプララーム

トウモロコシ型の塔堂が特徴的な建物になります!
(このトウモロコシ型を、カンボジア様式・クメール様式だそうです)
ちなみに、その塔の周りに7つの礼拝堂の跡があります!

駅伝の前半戦はワットプララームを楽しめそうです♪

2、Wihan Phra Mongkhon Bophit(ウィハーン・プラモンコンボービット)

ウィハーン・プラモンコンボービットタイ国政府観光庁日本事務局HPより

先ほど、拝見した、ワットプララームを右手に見ると、
500mを超えたあたりから左手に見えてきます。

Googleマップで拝見すると、ちょうど、右手に曲がる時の角!!
その一瞬で見られそうです♪

 お気に入り ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットちょっと距離がありますが、チラッと見てみたいですね♪
タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂。
特徴的な建物だと思います。

3、Wat Phra Si Sanpheta(ワット・プラシーサンペット)

ワット・プラシーサンペットタイ国政府観光庁日本事務局HPより

19:00以降はライトアップされる人気の寺院のひとつ。
3つの塔が並んでいるのが特徴です!
(この仏塔の先端がとんがっているものを、スリランカ洋式と呼ぶそうです)
1448年に建てられ、それ以降の宮中儀式はこちらで執り行われていたそうです!
走るコースから離れていますが、もし観れたら、お届けしたいと思います。

 

4、Wat Thammikarat (ワット・タンミカラート)

タンミカラートFlickr / Connie’s Photo

あまり写真や情報がない場所の一つ。
大小様々なニワトリさんがたくさん祀られているようです!
ちなみに、蓮子の花の上に乗っている頭だけの仏像も有名だそうです。

 

走るルートからは遠いですが、
ちょっと特徴的な穴場スポットのようなので要チェック!

 

5、Wat Maha That(ワット・マハータート)

ワットマハタートタイ国政府観光庁日本事務局HPより

1回目の給水ポイントを超えて、
1.5kmを過ぎた頃、右手にあるのがこちらの遺跡♪
おそらく南に向かうように走る道でも右側に見えるはず!?

 

タイのガイドブックなどにも掲載されている有名な場所のひとつ。
破壊された仏像の顔を長い年月をかけて菩提樹が覆い現在のようになりました。

 

本物を観ると、きっと圧倒されるでしょうね。
とても神秘的な場所だと思います。

走りながらは見れないとは思いますが、思いっきり空気を吸い込みたいですね。

 

6、Wat Ratchaburana(ワット・ラーチャブラーナ)

ワットラチャブラーナタイ国政府観光庁日本事務局HPより

1424年頃に建てられたもの。
日本でいうと室町時代に当たります。

8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院だそうです。
wikipediaには王位継承の決闘で負けてしまった二人の兄を火葬するために建てたって書いてあるんです…

知らなかったな〜
こうして今も残っていると思うと、
大切に守っていらっしゃる方の存在を感じずにはいられません。

 

アユタヤ遺跡までのアクセス

ミニバス

バス停は北バスターミナル(モーチット・マイ)から!
切符売り場で行き先を告げて、料金B60を支払って切符を購入!

ミニバンに乗って、約90分で到着。
6〜20時の間、30分感覚で運行されているそうです。

モーチット・マイ駅は、
 BTS(スクンビット線)のN8という駅になります!

鉄道

MRT(ブルーライン)ファラポーン駅 の駅から乗ります!
国鉄から乗る方法もあるみたいですが、
どちらが良いのかはちょっと私も調べて観ます!
鉄道は90〜120分の時間をかけて移動するそうです。

遺跡の中を走る!魅力的な駅伝!

はじめてアユタヤについて色々調べていると、
アユタヤ遺跡の中を実際に走るって、すごいことだと感じました。

 

実際はその周りの道ではあるのですが、
日本でいう室町時代に建てられた仏閣や建物の周りを走る訳で、
大切な場所で走らせてもらえるんだな〜と思うのです。

 

実際、駅伝の走っている最中に、どこまで遺跡の姿を見れるかはわからないですが、
ここで予習して「あっ!」と、生の遺跡を拝見してこようと思います。
(実際はハァハァなってると思いますが、お伝えできたらと思います♪)

 

▼今年のエントリーは終わってしまいましたが…クルンシィ・アユタヤ駅伝

こちらのページに「クルンシィ・アユタヤ駅伝2018」の詳細が掲載されています。
ぜひ、来年チャレンジしてみたい方に!!

ABOUT ME
竹村玲奈
竹村玲奈
SNSアドバイザー/ブロガー ソーシャルメディアを活用した、発信力や認知度を高めるブランディングを始め、ウェブ解析士として、マーケティングやプロモーションのお手伝いをしています。各種コンサルも承ります!