ハイアット セントリック 銀座 東京 2018年初頭にオープン

GINZA SIX(ギンザシックス)がオープンし、今、話題の場所のひとつ「銀座」
2018年には新たなホテルが誕生します!
その名も「ハイアットセントリック(Hyatt Centric)」
ハイアットの最新ライフスタイルブランドとして誕生したばかりです。

 

2018年まであと少し、今日は少しだけハイアットセントリックの情報をお届けします!

ハイアットセントリックとは?

ブランドの基本理念は、“その街の最もエキサイティングな魅力発信源への玄関口”、つまり旅先の中心的存在(センター)となり、ゲストを新しい発見やその街でしか出会うことのできない魅力的な体験へと誘うことを理念とされています。

 

ホテルに、“宿泊する場所”以上の存在意義や価値観を求める世代を超えた幅広い年齢層のお客様のためのライフスタイル ホテル ブランドで、「いつでも、どの街でも、あらゆることの中心」であるという意味が込められています。

 

各ホテルの雰囲気と個性に合わせ、シンプルでありながら配慮の行き届いた、合理的で効率的なサービスを提供します。いつでも快適にインターネットに接続できるデジタル環境を完備すると同時に、ゲストとホテルスタッフとのインタラクションも大切にしています。特に時間に余裕のない出張中のお客様に、ゲスト一人ひとりにフィットしたスマートで快適なアドバイスで、旅を更に有意義なものにします。

 

ホテルに“宿泊する場所”以上の存在意義や価値観を求め、例え出張中であってもその街の個性や文化を探索する自由なマインドを持っている、好奇心に満ちた幅広い年齢層の行動的なトラベラーをターゲットとしています。現在、米国のシカゴとマイアミの2ヶ所で展開していますが、今後はニューヨークやパリなどの世界主要都市にも開業する計画が進行中です。

「ハイアット セントリック 銀座 東京」の計画地は、朝日新聞社が所有・開発する地上12階建ての複合ビル「(仮称)銀座朝日ビル」の3~12階の10フロアで、上質で快適な時間をもたらす164の客室、テラス席を設けたダイニング&バー、小規模なイベントスペース、最新のフィットネス機器を揃えたジムを備えます。「銀座の伝統と革新、その相反する2つの価値を空間におとしこむ」をコンセプトにした、銀座でしか実現できない新しいホテル空間を創出します。

あとがき

グランドハイアット、パークハイアット、ハイアットレジデンス、
ハイアットプレイス、そして、ハイアットセントリック、
時代とお客様のニーズに合わせて成長していくハイアットの姿を感じます。

 

ホテルも宿泊だけのために選ぶこともあれば、
ゆっくりホテルの中での滞在するために選ぶこともあります。

 

ホテルに一歩入ると、その場所の文化や流れを感じることもあるでしょう。
特に海外からのお客様からは「Japanese Culture」としての期待もたくさんあります。

 

どんなホテルが誕生していくのかこれからも楽しみです!

ホテルに泊まるなら…!

今月のおすすめ

最大10,600マイルプレゼント実施中!
▼▼ Let's Check it ▼▼


Related Entry

【東京マリオットホテル】古き良きアメリカのスイーツ&セイボリ...

【シェラトン都ホテル東京】ハラール認証取得、ムスリム・フレン...

【マンダリンオリエンタル東京】日本初!マンダリンスパで女性憧...

【ペニンシュラ東京】はじめてのお子様連れホテル滞在にオススメ...

ハレクラニのBEST OF THE BEST を満喫するプラ...

リッツカールトン アスタナ 未来都市のようなカザフスタンの首...