リッツカールトン東京 初めての年越し蕎麦&大晦日のインルームダイニング

年末をリッツカールトン東京で過ごす目的。
それは、リッツカールトン東京の年越し蕎麦を食べるため!

 

ホテルで年越し蕎麦!?
ということで、私も初体験の年越し蕎麦をご紹介します♡

 

相変わらず、ルームサービスをやっつけろ♡も継続中です!
▼過去にはこんな記事も書いています♪
リッツカールトン東京 インルームダイニングについて♡

 

チェックインした際に、
デスクの上に年末年始のご案内が置いてありました♡


今回は、年越し蕎麦を予約させて頂きました♡

31日の夜を堪能する♡

クラブラウンジで少しだけお食事を頂いて、お部屋に帰って来ました。
年越しの時間まで、たっぷり時間があったので、
少しだけインルームダイニングをオーダーしました。

ワイン

ザ・リッツ・カールトン東京ラベル
「プライベート キュヴェ(赤ワイン)」を頂きました。
ラベルがとてもカッコいいんです♡

タコ、イカ、パプリカの軽い煮込み、チョリソ、ハーブプロス

ジェノベーゼのような味わい。
美味しく頂きました。
ハーブの味たっぷりなので、後味が楽しめます♡

鴨フォアグラのテリーヌ、フルーツチャツネ

楽しみにしていたフォアグラのテリーヌ。
とても小さいのであっという間になくなりました♡
もうちょっと食べたい!(笑)

いよいよ、年越し蕎麦の登場です!

お部屋にお蕎麦が届けられました。
スタッフの方がポットに入った出汁を注いでくださいました。

九州から来たことをお伝えすると…
お兄さん「九州はおうどんですよね!出汁なども、また違うお味ですよね…
お味、大丈夫でしょうか?」
神様「この年越し蕎麦を食べに来たんですよ!楽しみにして来ました!」
お兄さん「そうだったんですね!とても嬉しいです!ありがとうございます!」

 

そんな何気ない会話を楽しめるのも、
スタッフさんの意識が高いからだと思うんです。

 

その地方のことなど、普段から、興味を持って、
調べたり、知っておかないと、会話も難しいと思うんです…
会話をするって、当たり前じゃないんですもんね。

 

相手を気にかける、何気ない言葉からヒントを見つけて、ボールを投げてみる。
人と人との関わりって、そんな中から生まれてくるのだと思います。

 

海老とししとうの天ぷらが入った、年越し蕎麦を美味しく頂きました♡

 

乾杯ではなく、
今年も一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
という、感謝の気持ちを込めての「いただきます♡」の時間でした。

2016年最後の富士山は本当に美しいものでした。
ありがとう。だけじゃ足りないくらいの、学びと経験。
ひとつひとつを糧として、どんどん成長していきます。

今月のおすすめ

最大10,600マイルプレゼント実施中!
▼▼ Let's Check it ▼▼


Related Entry

リッツカールトン東京 年末年始をホテルで過ごすということ…

リッツカールトンで感じる、人と人をつなげる橋渡し。

リッツカールトン東京 お部屋でゆっくりブレックファースト

リッツカールトン東京 クラブフロアにてチェックインとアフタヌ...

リッツカールトン東京 ひのきざかで美味しいお鮨を頂く夜

リッツカールトン東京 クラブフロアでの朝食とホテル散歩