シャングリ・ラホテル東京 ホライゾンクラブで過ごす穏やかなひととき…

通常クラブラウンジと呼ばれる場所を、
シャングリ・ラホテルでは、ホライゾンクラブ(地平線)と呼びます。

ホライゾンクラブ

それにはもちろん理由があって、
イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した、小説『失われた地平線』にチベットの山々の奥地にある静寂な隠れ里が描かれています。その場所を「シャングリ・ラ」と呼んだそうです。

 

現在、シャングリ・ラには「桃源郷」や「地球上の楽園」の代名詞として、
多くの方に知られていますが、きっかけはこの小説。


シャングリ・ラホテル東京の37階に、ホライゾンクラブはあります。


名物はフレッシュのメロンジュースだそうです。
フレッシュの味、とても飲みやすかったです。


フレッシュのオレンジジュースも大好きです♡
ホテルラウンジでは、結構オレンジジュースを頂いています。


ちなみに、初日は曇っていましたが、2日目は綺麗に晴れていました♡
スライドで見ることが出来ます♪


お昼間のレセプションは、フルーツやクッキー、
そして、スコーンやカップに入ったデザートがありました。


日によって、おいなりさんや焼きおにぎりもありました〜♪

 


焼きたてのスコーンもありあました!
プレーンと全粒粉の2種類♡

 


奥から、生クリーム、クロテッドクリーム、柚クリーム。
どれもとても美味しかったです♡
私はいつものクロテッドクリームが好きでした。
神様は柚クリームをお気に召したそうです。

夜のホライゾンクラブ


夜になって、少し時間が出来たので、ホライゾンクラブでブログを書いていました。
メロンジュースとクッキーを頂いていました。

スタッフの方から、少しデザートが残っているのでお持ちしますね〜♪と、ゼリーとブルーベリーのケーキを頂きました♡

 


シャングリラブレンドは軽くて飲みやすいです♡
こちらのカップ&ソーサとポットがとても可愛かったです。
神様もお気に入りのひとつ。


ホライゾンクラブ中央にある照明。
とてもキラキラしていて、煌びやかな雰囲気を出しています。


触ってはないけれど「探検」を彷彿させる置物。


横には、素敵なボックスに入った双眼鏡。
「桃源郷」を見つけるような、そんな気持ちになります。
実際、双眼鏡はお部屋にもあって、お部屋からはディズニーランドも見えました♡


会議室もあり、宿泊していると1日2時間までは無料にて借りられるそうです。
外部からお客様を招いての打ち合わせなどにも使用できそうです。


夜のシックなイメージのクラブラウンジ。


窓側の机の下には電源もありますので安心してお仕事も出来ますし、
夜は静かな雰囲気でしたので、ゆっくりした時間を過ごすことが出来ます。

シャングリ・ラホテル東京詳細

〒100-8283
東京都千代田区丸の内1-8-3
丸の内トラストタワー 28〜37階

Tel:(03) 6739 7888    Fax:(03) 6739 7889

ホライゾンクラブについてはこちら♪

アクセスに関してはこちら
シャングリ・ラホテル東京ホームページ

【読者登録】

ブログの新着情報やメッセージをお届けします。
ご登録はこちらのリンクから…
https://line.me/R/ti/p/%40kgc7113b

QRコードでも登録できます!

Related Entry

シャングリ・ラホテル東京 ホライゾンクラブデラックスルーム ...

シャングリ・ラホテル東京 ピャチェーレでの朝食でエッグベネデ...

シャングリ・ラホテル東京 ピャチェーレでモーニングを堪能しよ...

シャングリ・ラホテル東京 ホライゾンクラブ デラックスルーム...

シャングリ・ラホテル東京 シャンデリアとホテル探検!喫煙スポ...

シャングリ・ラホテル東京 インルームダイニングをやっつけろ♡