名古屋錦の人気グルメスポット!100年続く錦三丁目「いば昇」の名古屋名物ひつまぶし!

名古屋グルメは「手羽先」「味噌カツ」「味噌煮込みうどん」「きしめん」「あんかけスパ」「海老フライ」調べていると、お腹が空くような名前が並びます(笑)

今日お届けするのは、忘れちゃいけない「ひつまぶし」
その中でも、名古屋市中区錦にあります「いば昇」をお届けいたします。

いば昇 創業100年を越える老舗

夏に伊勢志摩にありますアマネムに訪れた際、九州にそのまま帰ることなく名古屋に立ち寄りました。

錦と言えば、夜の繁華街で有名ですが、お昼は少し落ち着いた雰囲気でした。
到着した時は、お昼の混雑時を過ぎていたので、並ぶことなくお店に入ることができました。

いろいろ調べていると「いば昇」と「錦三丁目いば昇」と2店舗あります。

こちらのお店は「錦三丁目いば昇」ということで、

「いば昇 本店」と分けてあるそうですが、
もともとは同じお店だったそうですが、
何代も前に分かれて、今は別経営だそうです。
ちなみに「錦三丁目いば昇」の方が歴史も古いそうです。(うなぎ大好きブログより


入口は小さいのですが、奥行きのある建物になっています。
お店の中には中庭があり、小さな池には鯉が泳いでいました。
お写真がないのが申し訳ないのですが、
店内はとても落ち着いていて、赴きのある空間でした。

いば昇 メニューについて

いば昇では、ひつまぶしだけでなく、蒲焼きや丼ぶりもあります!(HPより)

:タレをかけたご飯と、うなぎの蒲焼きをどんぶりで…
長膳:うなぎの蒲焼きとご飯を別のお椀にて
ひつまぶし:タレをかけたご飯の上に小さく刻んだのり
さらに、その上に刻んだうなぎの蒲焼きをお櫃にて

いば昇は煎茶で頂く、素朴なひつまぶしが魅力

席につくと運ばれてくるのが、こちらの急須です。
「煎茶」を頂きながら、ひつまぶしが出来上がるのを待ちます!

昔から使われていてほどよく色が落ちているのも
風情があって、愛らしい急須でした。

いば昇のひつまぶしがこちら!

複数名で行くと大きなお櫃に入れられて来ます。
(1人ずつが良い時は注文の時にお伝えしてみてください!)


「肝吸い」は別での追加注文になりますが…
この肝吸いが後で良い仕事をしてくれます!

 

味は濃いめになるのかな…
甘辛いタレがとても美味しかったです。

 

本当なら、様々な味で楽しめるのですが、
私はあまり薬味なども使わずそのままで頂く味が一番好きでした!

 

いば昇から、ひつまぶしの生まれを想像する…

ひつまぶしが誕生したのは、明治時代とも大正時代とも言われています。
はじめは、うなぎ屋さんのまかないで、うなぎの切れ端をご飯と混ぜて食べていた。などと、諸説あります。

 

きっとその頃は、ご飯とうなぎを混ぜて、出汁ではなく、お茶をかけて、お茶漬けにして、ササーっとの食べていたのでは…?と、想像させられます。

 

今でこそ、出汁をかけて食べるイメージがありますが、
実は、いば昇さんのひつまぶしは、はじめに出てきた「煎茶」をかけて頂く、お茶漬けスタイル

 

きっと昔ながらのさっぱりした『ひつまぶし』を味わえる場所なのかもしれません。

いば昇 肝吸いが美味しいからこそ…

実は、先ほどお伝えした肝吸いがとても美味しいんです。
そして、ひつまぶしにとても合うんです…

邪道かもしれませんが…
『うなぎとご飯を混ぜたもの』+『肝吸い』で食べると、
また一段と美味しいタイプの『ひつまぶし』が頂けます!

錦三丁目いば昇 お店詳細

いろいろな食べ方、味わい方があります!
あなたの大好きな『味』をぜひ追求してみてくださいね!

住所 愛知県名古屋市中区錦3-13-22
電話番号 052-951-1166
営業時間 11:00〜14:30(L.O.)
16:00〜20:00(L.O.)
定休日 日曜日、第2・3月曜日
カード 不可

 

【読者登録】

ブログの新着情報やメッセージをお届けします。
ご登録はこちらのリンクから…
https://line.me/R/ti/p/%40kgc7113b

QRコードでも登録できます!

Related Entry

ウルフギャングステーキハウス大阪店 ルクアイーレ10階のオス...

【神様とコーギー散歩】観光とは光を観ること。鯨を食らって、芸...

大阪なんば人気の名店「自由軒」!大阪に行ったら必ず食べて帰り...

ダンシングクラブ(Dancing Crab)福岡 九州初上陸...

ウルフギャングステーキハウス福岡店 熟成肉だけじゃない!!絶...

銀座キャビアハウス&プルニエ 1度は食べてみたい!キャビアを...