SEKAI NO OWARI 「HeyHo」「RPG」、すべては『思い』からはじまる。今、何が出来るかが1番大切なんだということ。

SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)を初めて知ったのは、「RPG」という曲でした。
セカオワを知るのは少し遅かったのかもしれませんが、「RPG」の歌詞があまりにも鮮烈すぎて、引き込まれたのがはじまりでした。

真理が紡がれる「RPG」の言葉たち

sekaowa03

この曲が生まれた背景には諸説あると聴きますが、この歌詞が私は大好き。
たくさんの方がこの歌詞から元気をもらったことと思います。

 

『RPG』歌詞
〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜
大切な何かが壊れたあの夜に
僕は星を探して 一人で歩いていた
ペルセウス座流星群 君も見てただろうか
僕は元気でやってるよ 君は今「ドコ」にいるの?

「方法」という悪魔にとり憑かれないで
「目的」という大事なものを思い出して

空は青く澄み渡り海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない
空は青く澄み渡り海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない

大切な何かが壊れたあの夜に
僕は君を探して一人で歩いていた
あの日から僕らは一人で海を目指す
「約束のあの場所で必ずまた逢おう。」と

「世間」という悪魔に惑わされないで
自分だけが決めた「答」を思い出して

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

 

この楽曲を聴いた時、この歌詞を書いた2人が本当に伝えたかったことは、

「方法」という悪魔にとり憑かれないで
「目的」という大事なものを思い出して

「世間」という悪魔に惑わされないで
自分だけが決めた「答」を思い出して

本当にこの4行にすべてのことが詰まっているのだと思いました。
大切なことを忘れてはいけないよね。って。

 

『RPG』の歌詞が生まれた背景には、
ボーカルFukaseさんとSaoriさんが喧嘩したことがきっかけ。
Saoriさんが初めて家出をした時があったそうです。

 

その時、泊まったのは五反田の漫画喫茶。
すると、100件近くの着信履歴が…
Fukaseさんから『今、京都に来たんだ。京都で話合わないか?』と言われ、
Saoriさんは思わず新幹線に飛び乗って京都に向かった。

 

東京に帰る時には、2人は一緒だった。
SEKAI NO OWARIを辞めることは、やっぱり出来なかった。
(2013年に書かれた Fujisaki Saoriさんのブログ

 

こうして生まれた『RPG』の歌詞。
サビの部分は、Saoriさんが書き、他の部分をFukaseさんが書いたそうです。

 

大切な仲間を思い、自分たちのこれまで大切に歩んで来た歩みを、周囲の起こる様々なことに振り回されて忘れてはいけないよ。と、FukaseさんがSaoriさんに伝えたかったのかな…と、感じるのです。

 

自分たちの『思い』を音楽を通して届けたい!って思った、そのことを忘れないようにいこう。どんな音楽がいい!スキルやコード進行じゃなく、『伝えたいことをちゃんと伝えていける音楽を作ろう!』そんなメッセージが込められている気がします。

 

私たちにとっても大切な言葉ですよね。
出来ないことや困難なことにぶつかった時、
「何か道具があればうまくいくのに…」
「あのやり方だったらうまくいくはず…」と方法論で考えるのではなく、

 

初心で抱いた「実現したい!」と思った「その思い」を大切にすべきで、
その行き先に向かう「方法」に捕われて、振り回されてはいけないんだ。
こだわるところは全く違うところにあるんだ。と感じさせられるのです。

 

音楽を通して伝える「自己啓発」ですよね。シンプルな4行。
これを読んで、考えさせられる方は多いのではないでしょうか?

 

「Hey Ho」が教える、等身大の自分が出来ることとは?

heyho0210月にリリースされた。
アイリッシュの伝統音楽のようなメロディーラインではじまる「Hey Ho」
「RPG」の続編とされて作られている楽曲だそうです。

 

『Hey Ho』歌詞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ぼろぼろの思い出とか
ばらばらに壊れた気持ちも
大事にしたから大切になった
初めから大切なものなんてない

どこか遠い世界のことなど
どうでもいいやと呟いた
大事にしないとああ、こんなにも
大切なものなんて無いんだなあ

嵐の海を渡っていく
世間は正義の雨を降らす
汚れた荷物、笑えるくらいゴミみたい
でもどうしようもなく大切で

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのSOS
ずっと耳を塞いできたこの僕に Whoa-oh

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのScream Of Silence
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい

例えば君がテレビから流れてくる
悲しいニュースを見ても心が動かなくても
それは普通なことなんだと思う
誰かを助けることは義務じゃないと僕は思うんだ
笑顔を見れる権利なんだ 自分のためなんだ

君が誰かに手を差し伸べる時は
イマじゃないかもしれない
いつかその時がくるまで それでいい

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのSOS
きっとこのまま「誰か」のまま放っておけば
忘れてしまうだろう

Hey Ho Stormy Seas
また聞こえるSOS
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのSOS
ずっと耳を塞いできたこの僕に Whoa-oh

Hey Ho Stormy Seas
また聞こえるSOS
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

この曲を初めて聴いた時、懐かしさを感じるメロディーラインとともに、歌詞がなんとも言えず胸が締め付けられるような感覚になりました。

 

私たちって、身近に起きた出来事や「ジブンゴト」だと思えたものは、関心を持てると思うのですが、自分の身近なものでないことは、臨場感がないからなのか、気にも止まらなかったり、気づかないこと、関心がないことって多々あると思うのです。

 

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

例えば君がテレビから流れてくる
悲しいニュースを見ても心が動かなくても
それは普通なことなんだと思う
誰かを助けることは義務じゃないと僕は思うんだ
笑顔を見れる権利なんだ 自分のためなんだ

〜〜〜〜〜(一番省略)〜〜〜〜〜

 

心のどこかで感じていることってあると思うんです。
「本当は何かしなきゃいけない」
「でも、何からしていいのか分からない!」
「こんな自分でいいのだろうか?」
だけど、大切な1歩が踏み出せない。

 

そんな人の心をよく理解し、それでいて、今じゃなくてもいい、いつかその時が来るまで、それでいい。と伝えるのです。

 

でも、この歌詞の中に出てくる主人公は、今、まさに声なき声に耳を傾け、自分の出来ることは一体何だろうか?と、問いかけてきます。

 

今、自分が出来ることを…

実は、今回のこの楽曲は、動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」への支援ソングとなっているんです。

 

今回、この記事を書くにために、色々調べている過程で知ったんです。こんな思いも込められていたんだと…俄然、この曲が好きになりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-11-46-31

もともと、Fukaseさんはお父さんからの教えで「無駄な殺生はしない!」と教えられて来たそうで、ずっと、この問題について興味を持っていたそうです。

現実で起きていることを知れば知るほど、
今間で自分達の音楽で世界を変えられないと思っていたけど、
もしかしたら自分達が動くこと、発信することで、
今なら少しくらい何か「きっかけ」を与えられるんじゃないかと思い、
メンバーで話し合い、動物殺処分プロジェクト
「ブレーメン」をスタートすることを決定しました。

人が作ったシステムならば、人の力で変えられるのかもしれない

そんな想いからスタートしたのが、動物殺処分プロジェクト「ブレーメン」になります。

ブレーメンHPより

 

きっと私たちはやり方を知らないだけど、知ろうとしていないだけで、
本当は何かしたい!何か出来るんじゃないか?と、心のどこかで思っているんじゃないでしょうか。

 

目の前のことを他人事と思わず、でも、他人事としてしか受け取れない時には、自分の今、受け取れる方法で、出来ることを、少しずつ、知ることからでもはじめることが大切なんだと感じています。

 

物事はすべて自分からはじまっている

確かに自分ひとりで出来ることは限られているけど、
誰かのために動く時に、力を発揮出来る、私たちの心の中にある強さ。
その力を放棄しちゃいけないんだと思うのです。

 

「恥ずかしい」とか「自分なんか」って思う必要なんてなくって。
関心を持つことからすべてが始まっていくということ。

 

今、この両手で何が出来るのか
その答えを確かめるために「行動」出来ることを
少しずつでも積み重ねていくことが大切なんだと思う。

 

出来ることでいい。
まずは出来ること、やれることから、すべてはじまる。

 

いつだって、どんな時だって、
物語はすべて自分から始まっている。

 

人生においてシンプルに大切なことを、
SEKAI NO OWARI というグループが歌に乗せて届けてくれる。
そんな気がして、今回この記事を書く事を決めました。

最後まで、お読み頂きまして、ありがとうございます♡

 

おまけ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-14-03-34ブレーメンのホームページより…

「Hey Ho」のリリースは可能な限りの収益を、それらの支援に充てられます。
例えは、私たちがカラオケで歌ったら、その著作権使用量も支援になるそうです!
しっかり歌わせて頂きます♡

【読者登録】

ブログの新着情報やメッセージをお届けします。
ご登録はこちらのリンクから…
https://line.me/R/ti/p/%40kgc7113b

QRコードでも登録できます!

Related Entry

書くことに迷っても、悩んでも、それでも書き続けるから見えるこ...

ダメ!病みつき必死!ヨーデル歌手、石井健雄さんのチキンアタッ...

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」から見る...

はじめてでも安心の大相撲観戦!臨場感たっぷりのマス席と相撲茶...

【世代の考察】オリンピックで活躍する、ゆとり世代を見て思うこ...

気持ちを切り替えるために、はじめにしたこと。