ビートたけしさん 浅草キッド 歌詞

ビートたけしさんが歌われる『浅草キッド』は、
いつ、どんな時に聞いても、大切な場所、人を思い出させる名曲です。

作詞:ビートたけし 作曲:ビートたけし

お前と会った 仲見世の
煮込みしかない くじら屋で
夢を語ったチューハイの
泡にはじけた 約束は
灯の消えた 浅草の
コタツ1つのアパートで
同じ背広を 初めて買って
同じ形の ちょうたい作り
同じ靴まで 買う金は無く
いつも 笑いのネタにした
いつかうれると 信じてた

客が2人の 演芸場で
夢をたくした100円を
投げて真面目に 拝んでる
顔にうかんだ おさなごの
むくな心に またほれて
1人たずねた アパートで
グラスかたむけ なつかしむ
そんな時代も あったねと
笑う背中が ゆれている
夢はすてたと 言わないで
他にあてなき 2人なのに

夢はすてたと 言わないで
他に道なき 2人なのに

 

【読者登録】

ブログの新着情報やメッセージをお届けします。
ご登録はこちらのリンクから…
https://line.me/R/ti/p/%40kgc7113b

QRコードでも登録できます!

Related Entry

あなごの稚魚! のれそれとは?名前の由来、食べ方は? 春を味...

ドイツで1番有名な日本人。ヨーデル歌手 石井健男さんについて...

couradtokyo

プレミアムフライデーとは?